❗救急救命士合格への完全ロードマップ❗

このサイトは「救急救命士国家試験合格」に向けて最短で学べるよう学習法を伝えたり、救命士テキスト第10版を完全攻略したサイトです。国試対策に特化し、さらに救急現場で必須な知識・スキルだけをまとめています。また,現役救急救命士にとっても様々な場面で活用できるサイトです。

まずはこちら
偶発性低体温症

偶発性低体温症 P821

・低体温症:中心部体温が35℃以下に低下することによって生じる全身的障害 ・偶発性低体温症:治療上の意図によらず偶発的に生じた低体温症 A 発症機序と病...
熱中症

熱中症 P815

A 疫学 ・熱中症の救急搬送件数は増加傾向 ■原因:日本の夏が暑くなったこと,熱中症弱者が増加,熱中症と診断される患者数が増加 ・熱中症は夏季に多く,7月下旬にピークを迎える ・年齢層別・...
溺水

溺水 P812

溺水:7割以上が浴槽で死亡 溺水の危険因子 出典:へるす出版 救急救命士標準テキスト 改訂第10版 A 病態生理 1 溺水と溺死 ・溺水:傷病者の...
異物

異物 P808

・異物:生理的にはその位置に存在しないものが,外部から体内に侵入してとどまる状態 ■体腔内異物:開口部分から管腔(鼻腔,口腔,耳腔,肛門,尿道,腟など)内に侵入した異...
中毒各論

中毒各論②(EFGH) P802~807

E アルコール中毒 ・エタノールは食用酒の主成分 ・アルコール中毒とはエタノール中毒をさすことが多い ・内服では,胃および小腸上部から吸収され,肝臓のアルコール脱...
中毒各論

中毒各論①(ABCD) P796~801

A 医薬品中毒 1 睡眠薬 ①ベンゾジアゼピン系睡眠薬 ・医療機関における睡眠障害の第一選択薬としてもっとも多く処方されている ・超短時間作用薬から長時間作用薬まで多種多様の製品が存在...
中毒総論

中毒総論 P788

A 中毒とは ・中毒:生体内に吸収された化学物質,またはその代謝産物によって正常な生体機能が障害されること ・中毒起因物質(中毒物質):中毒の原因となる化学物質 ・中毒症状:中毒物質によ...
ストレスに対するマネジメント

ストレスに対するマネジメント P294

A 救急活動でのストレス ・大災害や悲惨な災害現場,犯罪などのストレスを引き起こす物理的・精神的因子により,とくに精神的に大きなダメージを受けやすい ・災害現場など:救...
感染対策

感染対策 P282

A 感染予防策と感染防御 1 感染予防策の変遷 ・1980年代に医療従事者のB型肝炎ウイルス感染による、劇症肝炎の死亡が多発 ■よって、消防庁の通知によりB型肝炎ワクチンの接種や感染防止などの教...
安全管理と事故対応

安全管理と事故対応 P276

A 安全管理の目的 ・安全管理:医療に限らずあらゆる分野における最重要の問題の一つ ・「医療安全管理」と「リスクマネジメント」は同義語と定義 ■また,リスクマネジメントは,セーフティマネジメ...
タイトルとURLをコピーしました